Cactiでネットワーク機器を監視しよう@Windows その4

Cactiでネットワーク機器を監視しよう@Windows その1
Cactiでネットワーク機器を監視しよう@Windows その2
Cactiでネットワーク機器を監視しよう@Windows その3
Cactiでネットワーク機器を監視しよう@Windows その4
Cactiでネットワーク機器を監視しよう@Windows その5
Cactiでネットワーク機器を監視しよう@Windows その6
Cactiを便利に使おう@Cacti Templates

■Cactiのインストール 〜環境構築その3〜
Cactiの設定〜Cactidでのグラフ作成までを解説します。

※補足
Cygwinをインストールする部分があるんですが、これってもしかすると"cygwin1.dll"、"cygz.dll"が入手出来れば必要無いかも知れません。人柱好きな人は是非試して結果を教えてください・・・。

■Cacti設定
Webブラウザから

http://<サーバー名>/cacti/

にアクセスします。

001.jpg
Nextをクリック

002.jpg
New Installを選択してNext

003.jpg
Path設定が全て[FOUND]になっているのを確認してFinishをクリック

005.jpg
デフォルトではユーザ名:admin、パスワード:adminとなっています。

006.jpg
初回ログイン時にパスワードの変更を要求されますので自分の好きなパスワードに変更してください。

007.jpg
Cactiの管理コンソールが表示されました。

■Cactidのインストール
Cacti標準のPollerは現在net-snmpのバージョンアップにより(ちょっと自信無いですが)上手く動作しません。Cactiは次期バージョンがリリースされるまで修正をPatchとしてリリースするんですが、どうもこのパッチを当てつつ”Plugin Architecture – v1.1 “を使う方法が分からなかったのでPollerは”cactid”を利用しています。
“cactid”ってのは標準Pollerより動作が高速で、中規模以上の監視(約50台が目安らしいです)を行う場合に用いる事が推奨されているPollerです。

008.jpg
“cacti-cactid-0.8.6i-cygwin-1.5.21.zip”を解凍して”cactid”にリネーム後、”C:\”にコピーします。

Cactiコンソールの

Console→Configuration→Settings→Path

を開き、”Cactid Poller File Path”にCactidのPath

C:/cactid/cactid.exe

を入力します。次に

Console→Configuration→Settings→Poller

を開き、”Poller Type”を”cactid”に変更します。

■Cygwinのインストール

009.jpg
“setup.exe”を実行します。

010.jpg
Install From Internetを選択して”次へ”

011.jpg
“次へ”

012.jpg
ダウンロードしたファイルを保存するディレクトリを決めます。デフォルトだと”setup.exe”を実行した場所になるようです。適当なディレクトリを選択したら”次へ”

014.jpg
それぞれの環境に応じて変更してください。通常はDirect Connectionで問題無いと思います。

015.jpg
ダウンロードサイトを選択して”次へ”

016.jpg
“次へ”

017.jpg
“完了”をクリック

Sygwinの中のzlibからインストール出来るらしいのですが・・・いまいち方法が分からなかったので”cygz.dll”を単体でダウンロードしてしまいました。”Click here to go to the download of cygz.dll”をクリックすればダウンロード出来ます。
ダウンロード

C:\cygwin\bin\cygwin1.dll

C:\cactid\cygwin1.dll

に上書きコピーします。

C:\cactid\cactid.conf

を開き

DB_Host localhost

DB_Host 127.0.0.1

に変更します。通常”localhost”も”127.0.0.1″も同じ意味なんですが、ここは変更しなければ動きません。

■cmd.exeのアクセス権限変更

019.jpg

C:\WINDOWS\system32\cmd.exe

のアクセス権限を右クリック→プロパティ→セキュリティ→追加で表示し、IUSER_XXXX(値がマシン毎に違います)に読み取りと実行権限を追加します。

■BATファイルの作成
Pollerは定期的に実行させるためにBATファイルを作成しましょう。

C:\php\php.exe C:\Inetpub\wwwroot\cacti\poller.php

保存場所やBatファイルの名前は何でも良いですがタスクスケジューラの実行アカウントがアクセス出来る場所に置いてください。

その後BATファイルを実行すると空白ですがグラフが表示されるようになります。

■BATファイルのタスク登録
Cactiのグラフ更新タイミングはpoller.phpを実行したタイミングになります。という事はpoller.phpを定期的に動作させなければ待っていてもグラフは更新されません。
Windowsには定期的にアプリケーションを実行させる”タスクスケジューラ”がありますのでこいつを使ってPollerを定期的に実行させるようにしましょう。

021.jpg
ファイル名を指定して実行→Tasks→スケジュールされたタスクの追加

を選択して”次へ”

022.jpg
“参照”をクリックして先ほど作成したBatファイルを指定します。

023.jpg
“日単位”にチェックをして”次へ”

024.jpg
“次へ”

025.jpg
タスクを実行するユーザ名などを入力して”次へ”

027.jpg
“[完了]をクリック…”にチェックを入れて”完了”

028.jpg
スケジュール→詳細設定をクリック

029.jpg
“タスクを繰り返し実行”にチェックをして間隔に任意の時間を入力します。画面の設定だと5分毎に24時間実行し続けます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です