ISOイメージのOSをUSBデバイスからインストールする

パソコンやサーバのOSを入れ替える場合に、今まではISOイメージを都度DVDメディアに書き込んでいたのですが、UNetbootinというアプリケーションを使うとISOイメージをUSBストレージに書き込み、DVDメディアの書き込み無しでOSの新規インストールが出来ます。

MSDNサブスクライバでダウンロードしたWindows Server 2012のISOイメージもUNetbootinを使って無事インストールが出来ました。

DVDドライブいらずでとても便利です。

Windows系OSをUSBデバイスでインストールする場合はフォーマットをNTFSにする必要があります。自分は最初何も考えずにexFATで作成して起動に失敗してしまいました。

UNetbootin, Universal Netboot Installer – sourceforge.jp
http://sourceforge.jp/projects/sfnet_unetbootin/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です