VBスクリプトを使って環境変数を取得する

VBSで環境変数を取得する方法。

WScript.Echo ExpandEnvironment("%ProgramFiles%")

WScript.Echo ExpandEnvironment("%UserName%")

などに変更する事により環境変数を取得します。VBSでファイルをProgramFilesなんかにコピーするときに便利です。

Option Explicit

WScript.Echo ExpandEnvironment("%ProgramFiles%")

Function ExpandEnvironment(Environment)
	
	On Error Resume Next

	Dim objWshShell     ' WshShell オブジェクト
	Dim strEnvironment

	Set objWshShell = WScript.CreateObject("WScript.Shell")
	If Err.Number = 0 Then
	    ExpandEnvironment = objWshShell.ExpandEnvironmentStrings(Environment)
	Else
	    WScript.Echo "エラー: " & Err.Description
	End If

	Set objWshShell = Nothing
End Function

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です