Adobe FlashやAdobe Readerをタスクスケジューラから自動でアップデートするスクリプト

ページ : 1 2
<この記事を全て表示する場合はこちらをクリック>

最近Gumblarが流行っているので、会社で手軽に使えるAdobeアプリケーションのアップデートスクリプトを作ってみました。管理者権限のあるアカウントでログインし、以下のようなコマンドを利用してタスクスケジューラに登録して使ってください。
タスクスケジューラ経由でバックグラウンドにアップグレードを実行するため、コンピュータ利用者には管理者権限を付与する必要はありませんし、ログインする必要も特にありません。

Windows XP(32bit)でのみ動作確認しています。

このスクリプトはそれぞれのコンピュータ上で実行する必要があります。手っ取り早く登録する場合には、コマンドラインからタスクスケジューラに登録するのが便利です。

例えば以下の場合ですと、任意のコンピュータが20分間アイドルだった場合、”hotfix.bat”を実行するタスクを登録出来ます。
には、タスクを登録したいコンピュータ名を入れてください。

'自分自身に登録する場合
SCHTASKS /CREATE /S <PC名を入力> /SC ONIDLE /I 20 /TN "Adobeアプリの修正パッチ" /RU "NT AUTHORITY\SYSTEM" /TR "\\hogehoge\hotfix.bat"
'リモートコンピュータに登録する場合
SCHTASKS /CREATE /S <PC名を入力> /SC ONIDLE /I 20 /TN "Adobeアプリの修正パッチ" /RU "NT AUTHORITY\SYSTEM" /TR "\\hogehoge\hotfix.bat"

アップデートファイルはインターネット側からではなく、ローカルやファイルサーバ上の適当な場所に置いてください。

最新のパッチがリリースされたら、[strLatestVersion]という部分を最新版に書き変えて、[strExecute]の実行ファイルを変更する事で、Adobe Reader9のうちはこのまま利用出来るはずです。

ページ : 1 2
<この記事を全て表示する場合はこちらをクリック>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です