TCP同時接続数制限を回避する@BIOT

Windows XP SP2とWindows Server 2003 SP1以降は外向きのTCP同時接続数を10接続に制限しています。
TCP同時接続数制限を普段意識するような事があるとするならば、どっちかっていうとP2Pでファイル交換をしている人が意識する程度なんじゃないかなと思います。
他にもネットワークスキャナーなんかを使うときにはこの制限がひっかかるみたいです。

TCP同時接続数制限を回避するアプリケーションっていくつかあるんだけど@ITを見ていたらそれらしい無償アプリが紹介されていたのでこちらでも書いておきます。

BIOT入手先
http://research.eeye.com/html/tools/

このアプリケーションは常駐型で、利用の度起動させなくてはならないようです。あとは動作的にアンチウイルスアプリケーションに不審なアプリケーションとアラートを上げられる可能性あるかもしれません。

実は見ただけで使ったことなかったりします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です