Search Server 2008にGoogle検索を追加する

ページ : 1 2
<この記事を全て表示する場合はこちらをクリック>

0015

Search Server 2008にGoogle検索を追加する方法について記載します。

ただし自分の確認した環境では、検索する文字列によりレスポンスが物凄く遅いです。
この点が解決出来なければ、企業内で利用するのは難しいかもしれません。

こちら遅い件、解決しました。
ソースは修正して元のモノと差し替えてあります。
※ただし検索結果が0件だったり、いろいろ動かない条件がありますので、その場合は修正して利用してください。

フェデレーション検索用定義ファイルのダウンロード

Andrew WoodwardさんのWEBサイトから”MSS 2008 – SUGUK Jan 10 2008.zip”をダウンロードします。

Search Server 2008: Federated sites that do not return XML
http://www.21apps.com/sharepoint/search-server-2008-federated-sites-that-do-not-return-xml/

フェデレーション検索用定義ファイルのインポート

0022

検索サーバーの検索管理にアクセスし、クエリと結果のフェデレーション場所を開きます。

0032

場所のインポートを選択し、”Google.FLD”を読み込みます。

場所の編集

0042

“場所の編集”を選択します。

0052

“場所情報 > クエリ テンプレート”のサーバ名を検索サーバのサーバ名に変更します。

例えばサーバ名が”serv30″の場合には以下のように入力します。

http://serv30/_layouts/search/google.aspx?q={searchTerms}

“[その他の結果] リンク テンプレート”を以下の文字列に変更します。

http://www.google.co.jp/search?hl=en&q={searchTerms}

“制限および資格情報”の”資格情報の指定”には以下を選択します。

NTLM – アプリケーション プール ID を使用する

最後に”OK”を選択し、設定を保存します。

ページ : 1 2
<この記事を全て表示する場合はこちらをクリック>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です