Search Server 2008にMicrosoft フィルタ パックを導入する

ページ : 1 2
<この記事を全て表示する場合はこちらをクリック>

Search Server 2008は既定で様々なのコンテンツのインデックスが可能ですが、2007 Office system コンバータ: Microsoft フィルタ パックを導入すると、さらに色々な拡張子のファイルをインデックスする事が出来るようになります。

今回は2007 Office system コンバータ: Microsoft フィルタ パックの導入方法について記載しました。
初めインストールして完了かと思っていたのですが、PDF用iFilterを適用した時と同じく、レジストリ値の追加が必要になります。

ちなみにこのフィルタパックで追加される拡張子はそれぞれ以下のアプリケーションで利用出来ます。

・2007 Microsoft Office system (.docx, .docm, .pptx, .pptm, .xlsx, .xlsm, .xlsb)
・ZIPアーカイブ (.zip)
・Microsoft Office OneNote (.one)
・Microsoft Office Visio (.vdx, .vsd, .vss, .vst, .vdx, .vsx, .vtx)

Microsoftフィルタパックのダウンロード

以下のサイトから、2007 Office system コンバータ: Microsoft フィルタ パックをダウンロードします。
対象は32bitOS用、64bitOS用と分かれていますので、それぞれ必要な方を選択します。

ダウンロードの詳細 : Microsoft フィルタ パック
http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyID=60c92a37-719c-4077-b5c6-cac34f4227cc&displaylang=ja

このフィルタ パックには、以下の16ファイルに対応したIFilterが含まれています。

.docx、.docm、.pptx、.pptm、.xlsx、.xlsm、.xlsb、.zip、.one、.vdx、.vsd、.vss、.vst、.vdx、.vsx、.vtx

これらの中には既定でSearch Server 2008に含まれている拡張子もあるのですが、実は拡張子が設定されているだけでiFilterは追加されていません。
Microsoftフィルタパックを導入する事により、これらのファイルの中身に関してもクロールする事が可能になります。

Microsoftフィルタパックのインストール

0011

“次へ”を選択します。

0021

同意して、”次へ”を選択します。

0031

“OK”を選択します。これでインストールは完了です。

ファイルタイプの追加

0041

[Search Server 2008の管理画面]にアクセスし、[ファイルの種類の管理]から、[新しいファイルの種類]を開きます。

クロール中 > ファイルの種類 > 新しいファイルの種類

0051

ファイル名拡張子の項目に以下の3種類の拡張子を登録します。
登録する際に、ピリオドは必要ありません。

xlsb、zip、one

ページ : 1 2
<この記事を全て表示する場合はこちらをクリック>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です