ギター・ベース

所持ギターの記録です。

好きなシェイプのギターを何本も買ってしまう傾向にあったけど、ようやく自分の好みもなんとなく分かってきて落ち着いてきました。

FENDER CUSTOM SHOP VINTAGE CUSTOM 1959 TELE CUSTOM JOURNEYMAN RELIC FADED/AGED SILVER SPARKLE SUMMER EVENT LIMITED EDITION

前々からSilver SparkleのTelecaster Customが欲しいと思っていましたが、ついに2018年のFENDER CUSTOM SHOP EXHIBITIONで見かけて購入しました。Custom TelecasterのSilver Sparkleって、すごくカッコいいと個人的には思うのですが意外と本数は少ないみたいです。

JOURNEYMAN RELICなのでウェザーチェックが細かく入っています。

初めてボディ・バインディングを施したカスタム・テレキャスターが誕生した1959年仕様に基づいて作製されているということで、過渡期のCustom Telecasterをイメージして1プライのピックガードが搭載されていました。

現在は3プライに変更しています。

ネックは59 Large C-Shapeで7.25”-9.5″ Compound Radiusです。59 Large C-ShapeはMid ’60s C-Shapeよりも厚みがあり初体験だったのですが、程よい太さで結構弾きやすいです。

このギターはFender Custom Shop Vintage Custom 1959 Telecaster Custom N.O.S.シリーズの限定版なのですが、このシリーズは個人的に本当にオススメです。程よいネックの太さでとにかくC-Shapeの7.25”-9.5″ Compound Radiusが弾きやすいです。このギターを手にしてから、太めのネックと相性良いなと思い始め、それからネックは太めのものを選ぶようになりました。

ピックアップは元々ハンドワウンドのピックアップが搭載されていましたが、LINDY FRALIN TELECASTER SETに変更しています。

Zodiac Works TC-Black

FERNANDESのTEJを愛用していましたが、いつかはZodiac Works製をと思い購入しました。

布袋モデルからG柄を除いたZodiac Works版がTC-BLACKです。初めてのオーダーギターでした。

注文から納品まで6ヶ月程度と言われたのですが、結局納品まで10ヶ月かかりました。

FERNANDESのTEJと比べるとネックが薄い印象です。ナット幅はTEJと同じ程度でFenderのTelecasterと比べると幅が広いです。シェイクハンドでネックを握った時にネックのバインディング角が当たって痛かったので、フレット交換時にリペアショップでバインディングの角を丸く削ってもらいました。

ペグをマグナムロックに、またフレットをJESCAR#57110に交換しています。どちらかと言うと太いネックの方が好みなので、ジャンボフレットにしてだいぶ扱いやすくなった気がします。

細めのネックだとジャンボフレット、太めのネックだとミディアムジャンボフレットくらいが自分にとっては弾きやすいみたいです。

アクティブピックアップが標準で搭載されていて、エフェクターの乗りがとても良いです。

Gibson Custom Shop 2018 Limited Run ES-355 (Ebony) VOS Stopbar

NashvilleのCustom Shopで作製されたES-355です。

59年製のリイシューでネックが程よい太さで弾きやすいです。スプリットダイヤモンドインレイかっこいいです。

普段弦はライトゲージ(.010-.046)なのですが、このギターだけテンションを稼ぐためにミディアムゲージ(.011-.049)を使っています。

Body : Maple, Poplar, Maple 3-Ply
Neck : 1P Mahogany
Fingerboard : Ebony/22F
Hardware : Gold
Bridge : ABR-1 & Lightweight Aluminum Tailpiece
Machinehead : Grover Rotomatics
Pickups : Custombucker (R) & (T)
Control : 2Volume-2Tone-3Way Toggle SW
Case : Original Hard Case

Fender Custom Shop Vintage Custom 1959 Stratocaster NOS

Vintage Custom 1959シリーズのストラトです。Vintage Customシリーズ結構好きです。

ボディフィニッシュカラーは、2トーン・サンバーストのボディに赤を拭きつけ3トーンにした「Chocolate 3-Color Sunburst」フィニッシュというもので、実物を見るとふちの色はチョコレート色になっています。

7.25”-9.5″ Compound Radiusでローフレットは握りやすく、ハイフレットはチョーキングで音詰まりも気になりません。過去所持していたMid ’60s C-Shapeネックよりも’59 Esquire C-Shapeの方がネックの幅が狭い気がします。Esquireって名前なくらいなのでEsquireのネック形状と同じなのでしょうかね。telecasterから持ち替えた時にも違和感があまりなく、特にローフレット側はtelecasterのネックに似た感触があります。

Body : Select Alder 2PC
Neck : Riff Sawn Maple, ’59 Esquire C-Shape,
Fingerboard : Rosewood(SLAB), 7.25-9.5 Compound Radius
Frets : 21F , Jescar FW50085
Tuners : Vintage
PU ; 3 Hand Wound ’59 Single Coil
Pickguard : 3-Ply Mint Green
SW : 5-Way
Controls : Master Volume, 2 Tone (N&M)
Bridge : American Vintage Synch-Tremolo
Finish :「No Buff」NOS Flash Coat Lacquer

G&L USA SB-2

2018年1月2日購入。

Fender創業者が最後に立ち上げたギターブランドG&Lのベースです。

非常に状態も良く、Silver Flakeという大きめのラメが入った塗料でキラキラ光ります。

ネックは柾目でフィンガーボードはエボニーが使われています。ネックジョイントは6点留めです。

ピックガードが一部割れてしまったので山野楽器にSB-2用のピックガードを取り寄せてもらったのですが、思っていたよりも随分安っぽく見えてしまい、結局原型から型をとってリペアショップで3プライのエイジドホワイトでピックガードを作成してもらい変更しています。

塗装を良く見ると、シルバーの下地に大きめのラメが散りばめられていて、さらにその上にクリアーでコーティングしてあるようです。一見すると、触り心地がザラザラしてそうに感じるかもしれませんが実際はとても触り心地滑らかです。

プレシジョンベースとジャズベースそれぞれの良いとこ取りしたと言われるピックアップが搭載されていてパッシブピックアップながら結構幅の広い音を作る事ができます。ノブは2つ付いているのですが、Toneは無くそれぞれフロントとリアのピックアップボリュームになっていてMIX具合を自分で調整することができます。

SB-2は過去販売されていた個体の出来がだいぶ良いと思いますし、さらに値段も新品の半額以下で購入出来るので新品に拘りなければ中古購入が個人的にはオススメです。

過去所有していた楽器

Gibson Custom Shop Custom Collection Les Paul Custom

DSCF7983

人生初の10万円を超えるギターはこのLes Paul Customでした。

FERNANDES TEJ70

DSCF7750

多分大学入ってから購入したギターで、もちろんBOOWYに影響されて買いました。
ただ、その頃はエフェクターだったりもちろん買い揃えるお金は無くて、蒸し暑いワンルームで、マルチエフェクターと一緒に使っていました。

軽くて扱いやすいギターでした。ライブで別バンドのメンバーにギターを倒されてしまい、物凄く怒ったことがありました。と、今書いていて思い出しました。

FERNANDES TEJ-DELUXE-2S

DSCF7832

予備機と称して購入した再販版のTEJで日本製です。TEJ70と比べると造りが良く、高級感アップしています。ピックアップは標準でEMG-SAが搭載されています。

[SPEC.]
NECK : Maple 1P (14°)
SCALE : 648mm
FINGERBOARD : Rosewood, 22F, 350R
NUT (width) : Carbon, 43mm (0 Fret)
FRET : 2.7mm
TUNER : GOTOH SG-381
JOINT : Bolt-On
BODY : Alder 2P, 45mm
PICKUPS : (Neck) EMG-SA
(Bridge) EMG-SA
CONTROLS : 1Volume, 1Tone,
3Way Mini-Switch
BRIDGE : GOTOH GTC-102
STRINGS : .010 -.046
COLOR : BLK (BLACK)
FEATURES : EMG PICKUPS
Titanium Neck reinforcement bar

Fender Custom Shop 1961 Stratocaster Relic -3 Color Sunburst-

レリック加工が施されており、風格があります。ジャンボフレット搭載で弾きやすい。

Body : Selected Alder 2PC
Body Finish : Nitrocellulose Lacquer , Relic
Neck : QTR-Sawn Maple , Mid ’60s C-Shape
Neck Finish : Nitrocellulose Lacquer , Relic
Fingerboard : Slab-Rosewood , 9.5″ Radius , “Jumbo” Frets , 21F
Pickups : Custom Shop Hand-Wound Texas Special PU
Controls : Vol , Vintage Modified Wiring #1 -Vol / Tone 1 (Neck&Mid) / Tone 2 (Bridge)- , 5way-SW
Weight : 3.2kg
Case : Brown Tolex Hard Case

Fender Custom Shop 1960 Custom Telecaster NOS w/Black Pick Guard

FENDER AMERICAN ACOUSTASONIC TELECASTER

過去何度か楽器屋さんで試奏して気になっていたAcoustasonic Telecaster。重さが2キロちょいしかないのでとても軽くて持ち運びが楽。

弾き心地はファクトリーセットの弦を使うと.011–.052なのでエレキよりほぼアコギでした。

聴き比べるとピエゾピックアップ感?がほんの少し増す印象ですがエレキ弦も利用出来るので、そちらを利用すると弾き心地はエレキギターに近くなります。

エレキギターに慣れてる人なら、個人的にはこちらの方がオススメです。

NUT WIDTH 1.69″
NECK Mahogany
FRETBOARD Ebony, 25.5″ scale, 12″ radius.
FRETS 22
TUNERS Fender modern
BODY Mahogany body with Lutz spruce top
BRIDGE Ebony with GraphTech Tusq saddle
PICKUPS Fishman Matrix undersaddle, N4 Noiseless (bridge), Z-Axis body pickup
CONTROLS Volume, mod knob, 5-way blade switch (for voice pairs)
FACTORY STRINGS Fender phosphor-bronze .011–.052