ToneProsのテールピースT1ZSA-Gを買ってきました。

レスポール系のギターのテールピースは特に固定されているわけではないので、弦交換の度にうっかりしていると本体に落ちて本体が傷ついてしまう事がある。

ToneProsから出ているテールピースはイモネジを使ってテールピースをスタッドに固定するので弦交換時に落下する危険性が無くなる。また、テールピースを固定する事でより弦の振動が本体に伝わり、音の伸びがよくなりチューニングも安定するのだとか。

ただし、テールピースを取り付けたまま弦交換をする場合は、うっかりすると交換する弦で本体を擦って削ってしまう可能性もあるので、どちらにしろ本体を保護してあげるに越した事は無いと思います。

左が元々取り付けてあったテールピースで右側がToneProsのテールピース。特にレリック加工がされているわけではないのでピカピカしています。

裏面の加工はTonePros製の方が綺麗でした。

テールピースは色の他に重さも2パターンあるのですが、今回は元々取り付けられていた軽いものと同じ物を選択しました。結果、取り付けた後の音も少しクリアになった気もしなくは無いですが、特別変化せずにテールピースだけ固定する事が出来ました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です