NUX NUX-B2ワイヤレスを買ってみました

コンパクトなギター用ワイヤレスに様々な製品が出てきたので何か良さそうなものは無いかと探してみました。

定番はXVIVE社のXV-U2のようですが、少しは冒険してみようと思いまして、NUXのNUX-B2という2.4Ghz帯を使うワイヤレス機材を購入してみました。

NUXはナックスかと思ったら、ニューエックスと読むようです。

中国の製品のようです。一昔前の中国のイメージといえば、あまり良く無かったですがここ最近は日本製よりずっとチャレンジしていて魅力的な製品作っている気がします。日本製にも頑張って欲しいです。

外見について

僕の所に届いた化粧箱は、なんだかすでにくたびれてる感ありますが、そこそこ高級感のある箱でした。

箱を開けてみるとこんな感じです。送信機と受信機がセットになっています。パッケージにも記載ありますが、充電用ケーブルが本体の下に収まっています。

ビニールはなんだかくたびれてる感あります。

本体はプラスティック製で軽いですが妙なチープさは無く、好印象です。

どちらが受信機でどちらが送信機かは本体に「TRANSMITTER」、「RECEIVER」の記載があるのですが、パっと見は少しわかりづらいかも知れません。

本体横に電源スイッチとボタンが備わっています。充電具合は電源スイッチをONにする瞬間に光るLEDで残量が把握できる仕様になっているようです。

チャンネルは4チャンネル選択可能ですが、マニュアルによると問題なければチャンネル1の利用が推奨だという事でした。

チャンネルを合わせた後、無通信状態が10秒続くと自動的にスリープモードになるのですが、演奏中にも無音状態だと自動的にスリープになってしまいます。

 標準で2股ケーブルが付属しています。受信機と送信機を同時に充電する事ができます。

端子はMicro-USBで最近では標準的なものなので、モバイルバッテリー持ち歩けばどこでも充電する事が出来そうです。

音質について

自宅でHelixに接続して弾いてみたくらいなので、実際ライブやスタジオで使うと少し変わるかも知れませんが、使った感じをレビューします。

ジャックプレート改造していますが、標準のテレキャスターのジャックプレートでも接続出来ると思います。プラグ部分が可変式なのでボディーに密着させることが出来てスマートに接続することが出来ました。

遅延は全くと言って良いほど感じませんでした。これならシールドの代わりに代用出来ます。

マニュアルによればプリアンプ内蔵モデルだとノイズがのる事があるらしいのですが、今手持ちのギターでプリアンプ内蔵のものが無くそれは試す事ができませんでした。

ワイヤレスと言えば、ストラップに縛り付けるイメージでしたが、これはこれでシンプルで良いです。

ただ、ライブ中に抜けたり、プラグがへたった時に回転するとちょっとかっこ悪いのでそこは不安が残ります。

また、前述のスリープモードについてですが、ギターのボリュームを絞ってしばらくするとスリープモードになってしまいます。

弾くとすぐに復帰して音が出るのですが、なんと無くこれも不安です。スリープまで10秒ほどらしいので、せめて10分弾かなかったらスリープにするとかの配慮は欲しいかなと思いました。ただ、音切れは気になる程ではありませんでした。イメージとしてはノイズゲートかませてる時と同じ感じでしょうか。

この機材って、ファームウェアアップデートあるのだろうか。

レシーバ側は小さくて軽量で本当いいと思います。動作も問題を感じませんでした。

LINE6もこのサイズのレシーバ出してくれれば良いのになと思います。

ちなみにLine6 G50用トランスミッターでNUX-B2のレシーバ使えたら最高に便利だと思って全チャンネル試してみましたが、まあ当たり前かも知れませんが利用出来ませんでした。残念。

Nux-B2スペック

スペック的には文句無しです。

  • デジタルワイヤレス・システム
  • 32bit/48kHz非圧縮デジタル転送
  • 最大伝送距離: 約30m
  • 駆動時間: 約6-20時間
  • 充電可能なリチウム・バッテリー。
  • レイテンシー: 5ms未満
  • 周波数特性: 20~20kHz、+1dB/-3dB
  • 使用周波数帯域: 2.4GHz ISMワールドワイド
  • 動作環境温度: -10~50℃

NUX-B2の良い所

とにかく手軽にワイヤレスの便利さを体験するには良い製品だと思います。

Xvive U2との差別化で行くと、バッテリー残量がパッと把握出来る所でしょうか。

  • とにかく手軽にワイヤレスが体験できる
  • バッテリー残量がパッと把握出来る
  • 電源を入れると数秒ですぐ使える
  • 違和感を感じない遅延
  • 2股ケーブルで同時に充電出来る
  • トランスミッターとレシーバを合体させてコンパクトに持ち運び出来る
  • プラスティック筐体だがチープでない
  • 一般的なワイヤレスと比較して安価

NUX-B2の不満・懸念点

改めて自分で書いてみると、スリープモードに対する不安が不満に感じる部分でした。電池やプラグについては、他の同等製品と変らないです。

  • スリープモードを無効に出来ない
  • スリープまでの時間が10秒と短い
  • 電池の交換が出来ない
  • プラグがへたった時の対応が不明

近くスタジオ行くタイミングがあれば、そこでNUX-B2試してみてまた結果を報告したいと思います。

2 Comments

pnpk

こんばんは、コメントありがとうござます。
スリープモードについて、実際スタジオで試した程度ですが特段スリープモードが邪魔をして何か問題が起きたと言うことは今のところありません。
結構快適に何も考えずに使えています。
特に知りたい事あれば、試せる範囲で実機使った感想ならかけると思うので記載ください。

よろしくお願いいたします。

KU2525

初めまして!
質問失礼します。
スリープモードについてもう少し詳しく教えてもらえませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です