RoundCubeでWEBメールクライアントを構築する

ページ : 1 2 3 4
<この記事を全て表示する場合はこちらをクリック>

014

はじめ、SquirrelMailでWEBメールサーバを構築しようとしたのですが、調べてみると色々なWEBメーラがある事が分かり、今回は日本語でのメール送受信が出来るRoundCubeを使ってWEBメールサーバを構築してみました。

RoundCubeはIMAP専用のWEBメールクライアントです。ですのでPOP3によるメール受信には対応していませんので注意してください。

WEBメールサーバを構築すると、ブラウザでメールの送受信が出来るので、パソコンが複数台あってもストレス無くメールの確認が行えます。

環境について

RoundCubeを動作させるためには、以下の条件を満たしている必要があります。

* The Apache or Lighttpd Webserver
* .htaccess support allowing overrides for DirectoryIndex
* PHP Version 5.2 or greater including
– PCRE (perl compatible regular expression)
– DOM (xml document object model)
– libiconv (recommended)
– mbstring (optional)
* php.ini options:
– error_reporting E_ALL & ~E_NOTICE (or lower)
– memory_limit (increase as suitable to support large attachments)
– file_uploads enabled (for attachment upload features)
– session.auto_start disabled
– zend.ze1_compatibility_mode disabled
* PHP compiled with OpenSSL to connect to IMAPS and to use the spell checker
* A MySQL or PostgreSQL database engine or the SQLite extension for PHP
* One of the above databases with permission to create tables
* An SMTP server or PHP configured for mail delivery

今回の構築手順ではローカルネットワークでの利用を想定していますので、
以前作成したXAMPP環境を利用しています。

こちらの手順を参照していただき、動作環境が無い場合にはまずそちらを構築してください。
https://pnpk.net/cms/archives/557

※XAMPP以外で環境を構築する場合には

<?php phpinfo() ?>

等でコンポーネントの導入状況を確認してください。

RoundCubeのダウンロード

以下のサイトからRoundCubeをダウンロードします。
※記事投稿時の最新バージョンは0.2-stableです。

RoundCube

tar.gz形式とzip形式のアーカイブファイルが選べますので、ここはWindows環境で解凍しやすいzipを選んだ方が楽です。tar.gz形式のアーカイブを解凍したい場合にはこちらを参照してください。
http://www.vector.co.jp/vpack/filearea/win/util/arc/

ApacheのドキュメントルートにRoundCubeをインストール

0012

XAMPPのドキュメントルートに”RC”というフォルダを作成し、ダウンロードしたファイルを解凍後、展開します。

XAMPP既定のドキュメントルートは

C:\xampp\htdocs

です。

展開後、temp、logsフォルダに書き込み権限を付与する必要がありますが、XAMPPの場合は特にこの設定は必要ありません。

0022

XAMPPでApacheを実行している場合、サービスとして起動している場合はローカルシステム権限、手動実行している場合にはログインしているユーザ権限(特に意識していない場合にはadministrator)となるからです。

ページ : 1 2 3 4
<この記事を全て表示する場合はこちらをクリック>

1 Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です