Line6 Helixを買ってきました


持ち運ぶエフェクターがだんだんと増え続けて、いい加減日頃持ち歩くのに疲労してきたのと、少し前に対バンしたギタリストの方がHelixを使って大分良い音でギターを弾いてらしたので、これは行けそうだと思い、思い切って前々から評判の良いLine6 Helixを買ってみました。

実はkemperをずっと欲しいなと思って購入検討していたのですが、kemperはラック機材で別途ペダルボードも必要になり荷物運びがシンドイだろうと思ったのと、そろそろ新製品出るかもしれないですが、販売から既に6年くらい経過しているので、完成した製品という評判は聞きますが中々6年前の電子機器に投資する事に躊躇したのは事実です。

kemperも楽器屋さんで試奏させてもらった事がありまして、その際は本当にアンプライクな音にビックリしました。

その点、Helixはペダルタイプのマルチエフェクターで持ち運びも少し重いですが多少楽そうですし今までよりはもっと楽に電車にも乗れそうです。

Helixは順調にバージョンアップを重ねて、搭載エフェクターや搭載アンプが増えていますが、このまま息長くバージョンアップしてくれたら嬉しいなと思っています。

ただ、結局本体やらシールドやら持ち歩くと結局10Kg近くになるので、軽量化になったのかは微妙なところですが、背負えるソフトケースも一緒に買ってみたので今度からギターを片手に持ってこちらを背負って試してみたいと思っています。

まだヘッドフォンでしか音は確認していませんが、さすがお高い機種だけあって素晴らしい音質だなと思いました。

Helix、中古で購入するとHelix LTと同じ程度の金額で購入出来そうだったのですが、Helix Nativeを優待価格で購入するにはHelixを新品で購入する必要があると条件に記載があったので、それを加味するとまあ新品購入で良いかなと思った次第です。

Helix Nativeについて調べてみると、Helix購入から180日経過している事も条件に記載があったのですが、こちらは180日経過せずとも製品登録したその日に購入することが出来ました。

HelixにはHelix NativeというDTM用プラグインもリリースしているのですが、来週まで30%OFFで購入出来るので気になっていた方いらっしゃれば購入するには良いタイミングだと思います。

Helix Nativeを自分もセール中だったので買ってみましたが、オーディオインターフェイス今無いのでまだ使い勝手などは不明です。

ハード版のHelixと保存したセッティングを共有出来るらしいので、弾いた感じ変わらないなら普段ギターを弾くだけの時はノートパソコンだけで弾けると良いのになと思っています。

スタジオやライブでまだ未使用なので、使ってみたらその感想についてもまた記載したいと思います。

Line 6 アンプシミュレーター Helix

Line 6 アンプシミュレーター Helix

Amazon価格:¥ 213,840

カテゴリ:エレクトロニクス


Line6 アンプシミュレーター HELIX LT

Line6 アンプシミュレーター HELIX LT

Amazon価格:¥ 138,240

カテゴリ:エレクトロニクス

発売日:2017-04-29


Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です