気になったオーディオインターフェイスについて調べて見ました


少し前にRME Babyface Proを所持していたのですが、宝の持ち腐れ状態だったので手放してしまいました。
それから特にオーディオインターフェイスが無くても全く困らない生活を送っていたのですが、最近また手軽に録音・再生出来る機械が欲しいと思い現状のオーディオインターフェイス事情を調べてみました。

調べながら随時更新します。

自分は今、ノートパソコンをメインに使っていて、Windows派だったのにいつの間にかMacBookを使っています。
何故MacBookを使っているのか?というのはまた機会があれば書きたいと思いますが、自分の希望するオーディオインターフェイスはおおよそ以下のようなものになります。

利用目的

  • ギター練習・録音

必ず欲しい機能

  • ギター入力端子がある事(Hi-z対応)
  • USBバスパワーで動作する事
  • ヘッドフォン端子がある事
  • Mac OSXで動作する事

あったらなお良い機能

  • MIDI端子がIN/OUT搭載されている
  • レイテンシーを極力低く設定出来ること
  • バランス入力が出来る
  • ファンタム電源が使える
  • USB-Cケーブル一本で接続出来る
  • Windowsで動作する事
  • iPhoneで動作する事
  • 持ち運びやすい事
  • 極力場所を取らない事
  • 出来るだけ新しい製品な事

候補の製品

M-Audio 2×2

一時期名前を見なくなった気がしていたのですが、最近また名前をよく見るようになりました。10年以上前ですが、自分が初めて買ったオーディオインタフェースはM-Audioの製品でした。

接続ポートがUSB-Cが使えるのがMacBook利用者としては楽そうで良いです。

XLR+1/4″バランス・コンボ入力端子が搭載されているのも接続する機器をある程度柔軟に選べそうで良さそうです。Hi-z用の端子は専用のものが搭載されているようです。

価格も昔の価格を考えると随分安くなったものです。バスパワーも使えて、良さそうな製品です。

M-Audio 24bit/192kHz USBオーディオインターフェイス M-Track 2X2

M-Audio 24bit/192kHz USBオーディオインターフェイス M-Track 2X2

定価:¥ 10,800

Amazon価格:¥ 10,497

カテゴリ:エレクトロニクス

発売日:2016-07-13


Shure MVi-A

非常にコンパクトな筐体で使い勝手良さそうです。

ただ、公式サイトを見る限り、国内在庫限りで終了と書いてあるのが若干今から購入する際に心理的な壁になっている気がします。そろそろNAMMの時期ですし、新製品出るのかもしれないですね。

ZOOM USB3.0 オーディオインターフェイス UAC-2

USB3.0に対応していてバスパワーで動作するZOOMのオーディオインタフェースです。

近年のZOOMは過去の安かろう悪かろうのイメージは本当無くなって良い製品を出すメーカーだなと感心します。

店舗で実機の音を聞かせてもらいましたが、十分使えるオーディオインタフェースだと思いました。

ZOOM USB3.0 オーディオインターフェイス UAC-2

ZOOM USB3.0 オーディオインターフェイス UAC-2

中古価格: ¥ 21,480 より

Amazon価格:¥ 22,780

カテゴリ:エレクトロニクス

発売日:2015-04-30


ARTURIA Audio Fuse

色の展開が3色あってバラエティに富んでいます。

だいぶごちゃっとしていますが主要な端子が搭載されているので利便性はありそうです。

公式サイトの製品紹介動画がすごく綺麗でついつい購入したくなる気持ちがわかります。

こちらも最近店舗で実機を触ってみたのですが、大分筐体も高級感出ていて良い感じでした。

写真で見ると、シルバーはイマイチなのかな?なんて思っていましたが、自分の好みとしてはシルバーが良かったです。

蓋がパコッとハマる感じの蓋なのですが、結構気をつけないと筐体に傷が入りそうな感じだったので、使い込んで傷ついた時も傷が目立ちにくいシルバーが良いかななんて思いました。

出音はZOOM UAC-2をもっと丁寧にした感じがしました。音の分離が良いです。

バスパワーで動作させる場合、機器性能が若干落ちるらしいのですが、それでもモバイル用途で使えるというアドバンテージは良いです。

また、物理ボタンが充実していて、特にヘッドフォン用のボリュームがメインボリュームと独立して簡単に操作出来る点がモバイル用途でヘッドフォンを使う自分としては良かったです。

蓋も個人的には、使い終わったら蓋を閉めて適当にその辺に置いといても埃が積もらなそうなのは良いです。

今の所、一番の購入候補ですが、お高いので金額に躊躇いますね。

ARTURIA Audio Fuse SV オーディオインターフェイス

ARTURIA Audio Fuse SV オーディオインターフェイス

Amazon価格:¥ 77,760

カテゴリ:


RME Baby Face Pro

とにかく世の中の評判が高く、音がすごくクリアですごく元気な印象です。

一度手放した物を再度購入する悩ましさはあるものの、目の覚めるような鮮明な音は魅力的だと思います。

  • 音が凄まじくクリア
  • 筐体が美しい
  • 動作が安定している
  • TotalMix FXで大抵のルーティングが可能

一度使っていた身として、敢えて改善したらもっと自分の要望にマッチするのになと感じたのは以下です。

  • TotalMix FXがiPhoneで利用出来ない
  • 意外とケーブル類が差しにくい
  • 本体、MIDIブレークアウト・ケーブルが付属ケースに入れにくい
  • 音の解像度が高いゆえか、長時間聞いていると頭が疲労する感じがする

RME ヘッドホンアンプ・DAC Babyface Pro

RME ヘッドホンアンプ・DAC Babyface Pro

中古価格: ¥ 111,430 より

Amazon価格:¥ 99,800

カテゴリ:エレクトロニクス


オーディオインタフェースでは無いけれど

Line6 Helix

オーディオインタフェースでは無いですが、オーディオインタフェース機能が搭載されているらしいので一応載せておきます。なんだか特別オーディオインタフェース揃えなくても、Helixだけあれば良いような気分になります。

Line 6 アンプシミュレーター Helix

Line 6 アンプシミュレーター Helix

Amazon価格:¥ 213,840

カテゴリ:エレクトロニクス


Line6 アンプシミュレーター HELIX LT

Line6 アンプシミュレーター HELIX LT

Amazon価格:¥ 138,240

カテゴリ:エレクトロニクス

発売日:2017-04-29


Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です