MOLESKINEとEASY FIND NOTEBOOKを買ってみました。

DSCF4594
リーガルパッドJrと一緒に使える良いA5サイズ程度のノート無いかなと、年末の伊東屋を物色してMOLESKINE(画面右)とEASY FIND NOTEBOOK(画面左)を買ってみました。

MOLESKINEについて

DSCF4574
スクエアードノートブックのラージサイズを購入してきました。
今までマジマジと見てみたことが無かったので、改めて細かい部分を見てみました。

DSCF4598
表紙のかどは丸みを帯びています。
表紙の素材はしっとりとしています。こちらを見る限りではオイルクロスが厚紙を覆っているとの事です。

DSCF4603
紙の質に関してはインターネット上に散々な事が書かれていたりしますが、自分の場合は水性インクペンでの筆記か、リーガルパッドJrを貼り付けて使うのがほとんどなので特に問題は無さそうです。

DSCF4606
リーガルパッドJrを貼り付けるとだいたいこんなイメージです。
横幅は5mmくらい余裕あるので、貼り付ける時に少し慎重になる必要はあるかもしれませんが、はみ出さずにキレイに貼り付けることが出来ます。

DSCF4605
しおりに関しても適度な長さがあり、見失ってしまうことも無さそうです。

DSCF4595
ページを開くと180度開いて書きやすい。という評判だったのでどのような仕組みになっているのかと思ったら、なるほど、背表紙とページが接着されていないためこのような自由な動きが可能なわけなのですね。
また、紙のまとまりが細かいグループになっているのでグループ単位でさらにフレキシブルに折り曲がる事が可能になっているようです。

実際の使い勝手については、今後持ち歩いて使ってみようと思いますので、追って記載したいと思います。

EASY FIND NOTEBOOKについて

DSCF4576
MOLESKINEタイプのA5サイズのノートです。なのでMOLESKINEラージサイズよりも横幅が広いです。
開封した後で気付いたことですが、上下逆に撮影してしまいました。

DSCF4591
表紙はラバー素材で出来ているようです。こちらもしっとりしています。
表紙は触った感じも見た目も柔らかくて好みですが、ラバー素材なので細かいゴミが付きやすいのと、経年劣化で溶けてしまわないか少し心配です。
プラス思考で考えれば、開くたびに机の上のゴミも一緒に取れて便利かもしれません。

DSCF4581
このノートの最大の特徴は、ページ毎にページ番号が記載されている事だと思います。個人的にはすべてのノートにはページ番号が振ってあっても良いんじゃないかと思っているのですが、ページ番号が振ってあるノートは少ないです。

DSCF4583
ノートの先頭にはインデックスが付いていて、後から各ページに何を記載したのかを記録する事が出来ます。英語とおそらくスペイン語が記載されています。

DSCF4580
MOLESKINEと同じく裏表紙にはポケットが備わっています。

EASY FIND NOTEBOOKの良かった点

  1. ページ番号が振られている
  2. 高級感がある

EASY FIND NOTEBOOKの気になった点

  1. ラバー素材の経年劣化が心配
  2. 表紙にゴミがよく付く

その他気になったアイテム

その他、今回購入はしていませんが、気になったノートをいくつかピックアップしました。

Behance Action Journal
http://male.eighthundredships.com/?pid=33433408

Bindewerk DEKOR A5 BLOCK
http://www.bindewerk.de/html/home.html

DAYCRAFT
http://www.nomado1230.net/item_list/?bc=443&od=3

今回のまとめ

A5サイズのノート、もといMOLESKINEとリーガルパッドJrの組み合わせはやはり使い勝手が良いです。
実際それを裏付けるようにインターネットを検索してみると、この組み合わせで使っている人は少なからずいらっしゃるみたいです。
ノートは大きいほど自分としては書きやすいのですが、持ち運びも考慮するとやはりA5サイズがベストかなと考えています。

MOLESKINE、何気にさらに酷評ですがアマゾンの並行輸入品だとかなりお安く購入出来ました。
そちらの記事をご覧いただけるようなら、こちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です