Windows Server 2008のAD不具合が解消される@KB949189

001.png

Windows Server 2008 用の更新プログラム (KB949189)

がついに公開されて、これで日本語版のWindows Server 2008でもActiveDirectoryが正常に動作するようになったようです。これに伴い3月19日からMSDN経由のWindows Server 2008のダウンロードが再開されていました。

002.png

日本語ロケールに設定した Windows Server 2008 ドメインコントローラ で AD の複製に失敗することがある

ふと見るとHotFixのファイル名が

Windows6.0-KB949189-x86.msu

になっていました。どうやらWindows Vistaから更新プログラムは.msuという形式で配布されていたんですね、今知りましたよ。

Windows Vista の Windows Update スタンドアロン インストーラ (Wusa.exe) および .msu ファイルについて

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です