WSUS経由のHotFix適用に失敗する@Windows XP

HotFixの適用に何度も失敗する場合には以下のサービス

Automatic Updates
Background Intelligent Transfer Service(必要があれば)

を停止させて

C:\WINDOWS\SoftwareDistribution

配下のファイルを一度削除してみてください。もしかすると状況が改善されるかもしれません。

再度サービスを開始すると先ほど削除したディレクトリが自動的に作成されます。HotFixの適用時にデータが破損している場合にはこの方法は有効だと思います。

ただしこの方法を実行するとHotFix適用時のログが消えてしまいますので必要であればログは保存しておいてください。(※自分はこのログをその場以外で一度も必要だと思った事はありませんけども)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です