リモートデスクトップを使う@Windows Server 2008

Windows Server 2008をWindows XPから操作するためには

Windows XP 用リモート デスクトップ接続 (Terminal Services クライアント 6.0) (KB925876)

が必要になるのかと思っていたんだけど、どうやらデフォルトのMSTSCで接続可能なようです。

001.png

Windows Server 2008上でリモートデスクトップを有効にするためには

管理ツール→サーバー マネージャ→リモートデスクトップの構成

を選択し、

リモートデスクトップを実行しているコンピュータからの接続を許可する

にチェックを入れます。

ネットワークレベル認証でリモートデスクトップを実行しているコンピュータからのみ接続を許可する

はどうやらWindows XP上からは使えないようで、このオプションを選択する場合にはWindows Vista以上のMSTSCが必要みたいです。”Terminal Services クライアント 6.0″をWindows XPに導入してもこれは変わらず接続は相変わらず出来ませんでした。

002.png
(デフォルトのMSTSC)
003.png
自分のMSTSCがネットワークレベル認証に対応しているか否かはMSTSCの画面左上のアイコンをクリックしてバージョン情報で確認出来ます。”Terminal Services クライアント 6.0″を使っている場合には

ネットワークレベル認証はサポートされていません。

と表示されました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です