RFIDソリューションEXPOに行ってきました


だんだんと増えてくる在庫備品の管理を効率的に処理するべく、バーコードやRFIDを利用した資産管理ソリューションの導入を検討しておりました。
ちょうど良いタイミングで本日から3日間開催されているRFIDソリューションEXPOでRFIDに関する展示会が開催されているという事を知り、さっそく行ってきました。

RFIDについて

RFID(Radio Frequency Identification)というのは、無線ICチップを内蔵した非接触型の個体認証技術の事です。
個別のIDを個体に付与するという意味ではバーコードによる管理と同等ではありますが、バーコードとRFタグを比較した場合には、大きく以下の違いがあります。

  • 読み取り範囲が広い
  • 一度に複数のタグを読める
  • 見えなくても読める
  • 書き込み可能
  • さらに詳細な部分に関しては、以下のRFIDに関するページが参考になります。

    RFID – Wikipedia
    RFIDシステム導入バイブル 連載インデックス- @IT
    5分で絶対に分かるRFID - @IT

    資産管理ソリューション・RFID関連製品

    いくつか展示されていたソリューションを見た中で、特に気になったものをご紹介します。
    EXPOは今週金曜日まで開催されているので、興味のある方は是非行ってみてください。
    インターネット上から招待券請求すると無料ですが、会場にいきなり行くと入場料5,000円との事です。

    Convi.BASE 株式会社ネットレックス

    サーバクライアント型の資産管理アプリケーションで、追加インスタンスライセンスを購入する事で、固定資産管理や書類管理にも利用可能。
    管理用データベースにはMicrosoft SQL Serverを利用している。
    管理サーバ+管理端末の組み合わせで動作し、管理端末にバーコード・ICタグハンディターミナルを接続する方式を用いる。
    SaaS版アプリケーションもあるのでサーバルーム等が手配出来ない環境なら、こちらを選択するのもありかなと思いました。
    他システムとの連携に関しては公開API及び外部サービスとの連携についても予定されているようですが、こちらは導入時期は今日聞いた範囲では未定との事。※CSVのインポート、エクスポートに関しては可能との事でした。
    また、備品貸出管理等においての貸出期限が超過した際のアラート等に関してもメールでのアラートやリマイドには対応しておらず、都度管理画面で期限切れの貸出が無いかどうかを確認する必要があるようです。
    ※SaaS版はメール通知が予定されているようですが、こちらも今のところはリリース予定のステータスのようです

    バーコード・RFIDで備品・物品・資産管理 資産棚卸し支援パッケージ Powered by Convi.BASE

    WebGlider 株式会社ウェルキャット

    どちらかというと、アプリケーションというよりもハンディーターミナルをメインに販売されている企業のようです。かなり高性能なハンディーターミナルを販売されています。
    詳しい部分まで聞くことが出来なかったのですが、VBScriptベースのプログラミングでデータベースとの連携が出来るとの事で、既存システムがある程度社内に構成されていて、そこにRFIDによる管理を追加する場合は、このソリューションかなり良いのではないかと思いました。

    バーコードリーダー・RFID・ハンディターミナル|ウェルキャット

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です