ASP.NET AJAX Control ToolkitをVisual Studio 2010で利用する

Ajax Control ToolkitをVisual Studio 2010で利用する場合の作業メモです。
Ajax Control Toolkitはasp.netでAJAXを用いてWEBサイトを構築する際の支援ツールです。

手順詳細は以下のページを参照。
Ajax Control Toolkit

1.NuGet Packege Managerを[ツール]→[機能拡張マネージャ]からインストール。
2.[ツール]→[Liblary Package Manager]→[Manage NuGet Packages for Solution]を選択。
3.AjaxControlToolkitをインストールする。

ASPXページの先頭に以下の文字列を追加。

<%@ Register TagPrefix="asp" Namespace="AjaxControlToolkit" Assembly="AjaxControlToolkit"%>

DIVタグの間等に適当に配置すると、動作する。

<asp:ToolkitScriptManager runat="Server" />
<asp:TextBox
        ID="txtComments"
        TextMode="MultiLine"
        Columns="60"
        Rows="8"
        runat="server" />
 
<asp:HtmlEditorExtender
        TargetControlID="txtComments"
        runat="server" />

参考

ASP.NET AJAX Control Toolkitを利用するには?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です