脆弱性診断を自前でやってみる@Nessus

ページ : 1 2 3
<この記事を全て表示する場合はこちらをクリック>

006.png
今回はWindowsOSを使って、無料でペネトレーションテスト(侵入テスト)を自前で実行する方法です。自前で構築したシステムを診断したい時や、システム全体の定期検診を行う場合に重宝するんじゃないかなと思います。

■Nessusって何すか?
Nessusというのはフリーの脆弱性診断アプリケーションです。少し前までオープンソースだったのですが、現在は違います。NessusはLinux、Windows、Mac OS X等さまざまなOSに対応しています。

http://www.nessus.org/nessus/

Nessusのダウンロードはこちらから行います。
ダウンロード時にユーザ登録する事になります。ここで記載したメールアドレスにアクティベーションコードが送られてきますので正確に入力しましょう。
また、アクティベーションコードは一度しか使えませんので複数の端末にインストールする必要がある場合には複数回登録しなければなりません。
※同じメールアドレスで複数回アクティベーション出来ます。

また、同時にインストールマニュアルなんかもダウンロード出来るので一緒にダウンロードしておきましょう。英語ですけども。

今回は

Windows 2000, XP & 2003 (32 bits) Nessus-3.0.6.1.exe

をダウンロードしました。

■インストール手順
それではNessusをインストールしてみましょう。インストール前にWebページで登録したメールアドレスにアクティベーションコードが送られてきているか確認してから進んでください。

001.png
Nextをクリック

002.png
ライセンスに同意してNextをクリック

003.png
インストール先はデフォルトで問題無いと思います。

004.png
Installをクリック

ページ : 1 2 3
<この記事を全て表示する場合はこちらをクリック>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です