QNAP TS-459 Pro+にeSATA接続外付けHDDを接続する

QNAP TS-459 Pro+用にeSATA接続外付けHDDを買いました。

eSATAって自分の勉強不足だとは思いますが、外部電源要らないとばかり思っていて始め単純なeSATAとSATAをコンバートするケーブルを使ってみたのですが、認識しませんでした。うーん、久しぶりの勉強料です。

今回買ったのは「裸族の一戸建てUSB3.0 eSATAプラス」という製品で、TS-459 Pro+ですんなり認識させることが出来ました。
eSATAの他にUSB3.0接続でも利用出来るし、単純にバックアップドライブとしての利用なのでこれで十分かなと思っています。

また、ネジ類を使わずにHDDの取り外しが出来るのも選んだポイントでした。

今までUSB2.0接続のディスクにバックアップを取っていたのですが、やはりsSATA接続は高速です。

自宅のネットワークはTS-459 Pro+とパソコンの間が無線LANで接続されているのでパソコンからまとめてデータをNASに持っていく場合にはUSB接続のディスクか無線LAN経由でコピーを行っていたのですが、この作業も今度から素早く出来そうです。

「裸族の一戸建てUSB3.0 eSATAプラス」を使ってみた感想ですが、表面のLEDが眩しすぎる以外は特に順調です。また、説明書によると、内蔵ディスクの容量上限は2TBとの事です。

2 Comments

pnpk

luckyさん
こんばんは、コメントありがとうございます。

購入してかなりの年月経ってますが、たしかに逆向きに使っていました。お恥ずかしい。
今はUSB3.0で接続しているのですが、今もふと気付けば逆向きに自分は使っていたようです。

次回から天地確認して使いたいと思います。
指摘いただきありがとうございました。

またよろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です