QNAP感謝祭に行ってきました。

先週金曜日に秋葉原のリナックスカフェで行われたQNAP感謝祭に行ってきました。
お土産としてQNAPロゴの入ったグッズと500円分のQUOカードをいただきました。

また、色々質問もさせていただき、有意義な時間が過ごせました。
製品について詳しく説明いただいたご担当者様、ありがとうございました。

今回NASをメインに見に行きました。
主観的で参考にならないとは思いますが、筐体はTS-459 Pro+までなら、かなりコンパクトで置き場所に困らないイメージがあります。TS-659 Pro+だとちょっと大きいかなと思いました。

全体的によく出来た製品ですが、多機能に使うならやはり自宅で利用するか、企業利用を想定するとかなり安価にシステム構築出来るので、小規模のサービスもしくは検証用サーバのiSCSIターゲットとして利用するのが良いかなと感じました。やはり自分の考え方が昔よりもずいぶんと保守的になっているのだなと思います。

自宅で利用する分には、WEBサーバとして利用出来たり、MYSQLを動作させたり、セキュリティカメラの記録用ストレージとして利用出来たり、物凄く多機能に利用出来ますし、ファームウェアのアップデートも頻繁にあるので、何といっても操作する楽しさがありそうです。

現在の動作確認HDDの一覧を見ると上限は2TBとなっていますが、将来的にそれ以上のHDDの認識も出来そうな気がしますし、次期ファームウェアバージョンからRAID10に非公式ながら対応との事でしたので、自宅利用でRAID10となると、ホットスワップも不要だと思うので、買うならHDDが4本搭載出来るTS-459 Pro+か6本搭載可能なTS-659 Pro+が良いかなと思っています。

汎用性の高いNASであれば、やはりパソコンをベースに作ってしまう方が手っ取り早くはあるのですが、この手の製品はやはり作りこまれているだけに、見た目のカッコよさもさることながら、非常にコンパクトに出来ていて良いですね。

動作保障リスト(2010/12/13更新)に表記のあるハードディスク

3 Comments

pnpk

こんにちは、コメントありがとうございます。

RAID10に関しては、ベータ版ファームウェア3.4.0から対応です。
※現在の公式版ファームウェアの最新は3.6.6です。
※設定画面上にRAID10の表記があったのは確認しましたが、動作に関しては確認していません。

このまま大きな不具合無くいけば、おそらくRAID10に公式版ファームも対応すると思います。

ファームウェアの詳細については以下のページから確認できます。
http://www.qnapclub.jp/viewforum.php?f=9

また、利用検討されている機種がTS-419P+という事で、一応確認してみたのですが、
この機種だとまだベータ版ファームウェアも出ていないようです。

自分もQNAP製品に関しては最近興味を持って調べ始めたばかりではあるのですが、
搭載されるCPUによって、搭載可能なファームウェアが異なっているため、
QNAP製品は搭載されているCPUで大きく2種類に分類出来ます。
一つは現行製品で言うIntel ATOM搭載製品と、もう一つはMarvell CPU搭載製品です。

これらはCPU処理能力としても性能が異なるようですが、インストール出来るファームウェアも異なります。
上記のサイトから詳細に関しては確認する事が出来ると思いますが、最近の傾向としては、Intelプロセッサ搭載製品のファームの方がMarvell CPU搭載製品のファームよりも先にリリースされているようです。

TS-419P+はスペックシートから確認したところ、Marvell 6282 1.6GHzというCPUを搭載している機種なので、今後に関してはRAID10対応ファームウェアがリリースされる可能性はあるとは思いますが、今のところは提供されていないようです。
ただ同じように、ATOM搭載製品に関しても、RAID10対応の正式版ファームウェアがリリースされるかどうかは(おそらくリリースされることになるとは思いますが)今のところ分かりません。

必ずしもRAID10でNASを構成したいのであれば、RAID10対応の正式版ファームがリリースされてから購入されるのが確実だと思います。

あと、TS-419P+を購入する目的が単なるNASとしてではなく、イントラネット上でのWEBやMYSQLサーバとしての利用であれば、個人的には価格差1万円ちょっとくらいなので、上位機種のTS-439ProII+を買うことも視野に入れても良いのかなと思います。
TS-439ProII+はIntel Atom 1.8GHz Single-core Processor搭載、TS-459 Pro+はIntel Atom D525プロセッサ1.8GHz (Dual-Core)搭載です。

この2機種の違いはおそらく搭載CPUのみではあると思いますが、QNAP製品はソフトウェアRAIDなのでCPU処理速度がある程度DISKパフォーマンスに影響するようです。

One

 こんにちわ はじめまして^^

初のネットワークストレージでBACKUP用としてQNAPの購入を検討していてたどり着きました。

1つどうしても気に入らない点として、やはり バックアップ用という事で信頼性重視 ミラーリングをメインに考え
どうしても容量が増えるとRAID10が欲しい 当然付いてる物だと思ってたら愕然としました。

群を抜いて有名なQNAPがRAID10を対応してないなんて;;;

そこで他のN4200PRO辺りにするか、10を諦めるかなど考えながら検索していて記事を目にしました。

非公式といえ、ファームで今後対応予定があるという事なのでしょうか??

TS-419P+なんかも対象になるのでしょうか?

大変興味深いですw ファームで対応してくれるのだったら買いですよね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です