ハンドルバーの交換をしました。

近所の自転車屋でハンドルを買ってきて、Bromptonのハンドルを交換してみました。
元々M3LなのでM字以外のハンドルはポジション的にあまり良くないなんて話は耳にしていたのですが、実際変更してみるとM字ハンドルより前傾姿勢になるので力が入りやすくなったのと、個人的に感じていたM字ハンドル特有のふにゃふにゃ感が無くなってシャキっと乗れます。
ハンドルバー変更に際して、ブレーキケーブルは少し短くしました。

ハンドルを選ぶ場合には、クランプ径(固定する部分)が25.4mmの物を選べば、基本的には使えます。ただし、折りたたむ時の事を考ると結構選択肢は少なかったりします。

ハンドルバー交換前の写真です。
見た目のバランスはこちらの方が個人的には好きなのですが、やはり乗り心地は前傾姿勢に慣れているのもあり、交換後の方が好きです。
こうして見ると、ハンドルポジションがやはりかなり下がっているのがわかります。また、今回の交換で後ろブレーキワイヤーの長さは変更していないので、やはり少し垂れてしまっています。
こちらは気力がある時にまた短く変更してみたいと思います。

ハンドルバー交換後、やはりBromptonにはバーが少々長かったので、バーエンドを標準のバーの長さと比較して、それぞれ45mm程度カットしました。ハンドルバーの切断には、近所で買ってきた270円の金のこぎりを使ったのですが、全然問題無く切れました。

折りたたんだ時はM字ハンドルよりも地面との距離が増えるので置く時にもバーエンドを地面にぶつけることが無くなりました。

バズーカ FUN RIDE ハンドルバー ブラック600-25.4mm(B003)

今回買ったハンドルバーです。
重さ:230g

バズーカ アルミカーボンハンドルバー ライズ 620/25.4mm(B-012-620)

少しでも軽くするならこっちですかね。こちらのハンドルバーはアルミのカーボンが巻かれているタイプみたいです。
重さ:165g

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です