9650SE-8LPMLを買ってみる その2@RAIDカード

IMGP1212.JPG
今日も激しく忙しい一日でした・・・が、閉店間際の秋葉原で会社で申請のあった部品を購入しつつ、500GBのHDDを4個買ってきました。

001.jpg
構成としてはSystemディスク用にARAID2000が接続されていて、データ用に9650SEが接続されています。Diskは500GBのHDDが4本でRAID設定は5です。
・・・とりあえず設定なんかは今回はちょっと省略させていただいて・・・。正常に認識してくれました。DISK容量が1.36Tになりました。

なんだか書き込みが遅くないかい・・・?
002.jpg
とりあえずデフォルト設定でRAID構成を組んでDiskアクセスがどのくらいなのか調べてみたくてですね、HDBENCHを使ってみました。読み込み速度は十分に早いんですが書き込み速度が4840・・・遅いです。きっと設定がおかしいんだろう・・・と思って管理コンソールから設定を変えながら様子を見る事にしました。

007.jpg
9650SEにはHttp接続の管理コンソールが付いていて、ここから直接カードの設定を見たり変更したり出来ます。カード設定を変更しながらベンチマークを取ってみると、どうやら”Write Cache”を有効にするとスコアが改善されるようだった。

003.jpg
これが”Write Cache”を有効にした場合のベンチマークです、明らかに書きこみ速度違いますね。

ただし”Write Cache”を有効にする場合には別途カードにバッテリーを実装しなければならないとか。金額を調べてみたら12000〜16000円くらいするみたい。バッテリーなのに高いのね・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です