コマンドプロンプトでYを自動的に入力する方法

コマンドプロンプトの小ネタです。

コマンドプロンプトで操作を行っていると、稀に[この操作を続行しますか? (Y/N)]などと聞かれる事があります。
例えばRDコマンドのように、引数で自動的に確認のメッセージを表示させないオプションがあれば楽なのですが、毎度毎度Yをタイプするのは少し面倒な時があります。

こんな場合にはパイプを利用します。

例えば以下のコマンドを実行すると確認メッセージが表示されますが、パイプを利用してYを押したことにすれば、確認のメッセージで自動的にYを入力する事が出来ます。

at /delete
     ↓
Echo Y|at /delete

覚えておくと、いつか役に立ちます。

ちなみに、ATコマンドも以下のように入力すればそもそも確認メッセージは表示されませんのであしからず・・・。

at /delete /Yes

以前記載したコマンドプロンプトを便利に使う方法と一緒に、頭に片隅にでも。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です