M3 Simplyを買ってみる。

M3 Simplyっていうサードパーティ製のニンテンドーDS用機器があって、平たく言えばコピーしたゲームをニンテンドーDSで出来たり出来なかったり・・・。っていう、そんな感じの機械があります。

まあレンタルDVDのコピーガードを外してコピーする事が出来るだとか出来ないとか、そのへんと話が似ているかもしれません。

IMGP1099.JPG
ちょっと前にG6 Lite Flash 3rdってのを買ったんだけど、M3 SimplyはG6 Lite Flash 3rdより使いやすくて、予備知識が無くてもおそらく扱える機器です。
ちょっと前から発売されているのは知っていたんだけど、やっぱり人気商品らしくてなかんなか売ってなかったんですよね。

で、先週の日曜日だったかな?またフラフラと秋葉原を歩いていたらM3 Simplyが売っていたわけです。
値段は6500円くらいだったかな?保存用に別途MicroSDカードを買わないといけないんですが、1GBでいまや1980円程度ですしね。

この手の機器の低価格化が進んだのか分かりませんがすっかり安くなりましたね、前回買ったG6 Lite Flash 3rdってのは別購入しなければならない機器を含めて17000円くらいした気がしますけども。

IMGP1102.JPG
中身はこんな感じです。この他にMicroSDを読み書きできるUSBアダプターも付属されていました。でも説明書のような紙類は一切同封されていませんでした。不親切というか使い方これじゃまったく分かりませんよね。

IMGP1110.JPG
ニンテンドーDSに挿して電源を入れてみると

Couldn'tfind_DS_MENU.DAT

という画面で止まってしまいます。

日本公式サイトのダウンロードを見てみると、どうやら日本語ファームウェアをMicroSDカードのルートディレクトリに置かなければならないようです。

こちらにはM3 Simply シリーズ 日本語マニュアルというものも置いてあるようです。

IMGP1112.JPG
公式サイトから”M3 Simpy Ver1.04 Final Beta”というのをダウンロードして、解凍されたファイルをMicroSDのルートディレクトリにコピーすればOKみたいです。その後再び電源を入れてみるとM3 Simplyのタイトル画面が表示されるようになりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です