Windows XP、Server 2003のイベントログを監視する方法

ページ : 1 2 3
<この記事を全て表示する場合はこちらをクリック>

0015

Windows XP、Server 2003のイベントログを監視する場合には、EVENTTRIGGERSを利用してイベントトリガを設定する事で、任意のコマンドを実行する事が出来ます。EVENTTRIGGERSはWindows標準搭載のイベントトリガ用アプリケーションです。
ただし、Windows XPと、Windows Server 2003の一部ではEVENTTRIGGERSが上手く動作しません。
実装する前に、正常にコマンドが実行されているかテストした方が良いです。

EVENTTRIGGERS

EVENTTRIGGERS /パラメータ [引数]

説明:
    このコマンドライン ツールで管理者がローカルまたはリモートのシステムの
    イベント トリガを表示および構成できます。

パラメータ一覧:
    /Create     NT ログ イベントの発生を監視して指定の条件で動作するイベント
                トリガを新しく作成します。

    /Delete     トリガ ID を指定してイベント トリガを削除します。

    /Query      イベント トリガのプロパティと設定を照会および表示します。

    /?          このヘルプまたは使用法を表示します。

例:
    EVENTTRIGGERS /Create /?
    EVENTTRIGGERS /Delete /?
    EVENTTRIGGERS /Query  /?

EVENTTRIGGERS /CREATE

イベントトリガーを作成する場合に利用します。

擬似的にイベントログにエラーイベントを書き込んでテストしてみましょう。
以下のコードをメモ帳にそれぞれ貼り付けて、拡張子をvbsに書き換えて実行します。tsumari.vbsがエラーを発生させるVBSで、kaisho.vbsがイベントトリガが実行するVBSです。

tsumari.vbs

Set objShell = Wscript.CreateObject("Wscript.Shell")
objShell.LogEvent 1, "大変です、トイレが詰まりました!", "\\."

kaisho.vbs

Set objShell = Wscript.CreateObject("Wscript.Shell")
objShell.LogEvent 0, "トイレの詰まりを解消させました。", "\\."

コマンドプロンプトを開き、以下のコマンドを実行し、イベントトリガを登録します。

EVENTTRIGGERS /CREATE /TR "トイレが詰まった" /L Application /EID 1 /TK "Cscript C:\Script\EVENTTRIGGERS\kaisho.vbs"

0014

実行後、上記のようなエラーがイベントログに書き込まれます。

002

さらにイベントトリガで設定したスクリプトが実行されるため、イベントログには2つのイベントログが記録されます。

0016

これでトイレの詰まりは解消されました・・・たぶん。

EVENTTRIGGERS /Create [/S システム [/U ユーザー名 [/P [パスワード]]]]
                      /TR トリガ名 /TK タスク名 [/D 説明]
                      [/L ログ] { [/EID ID] [/T 種類] [/SO ソース] }
                      [/RU ユーザー名 [/RP パスワード]]

説明:
    NT ログ イベントの発生を監視して指定の条件で動作するイベント
    トリガを新しく作成します。

    注意: /EID、/T および /SO を同時に指定すると AND で動作します。

パラメータ一覧:
    /S      システム         接続するリモート システムを指定します。

    /U  [ドメイン\]ユーザー  コマンドが実行されるユーザー
                             コンテキストを指定します。

    /P      [パスワード]     指定されたユーザーのコンテキストのパスワード
                             を指定します。

    /TR     トリガ名         イベント トリガに関連付けるための名前を指定
                             します。

    /L      ログ             イベントの監視先の NT イベントログを指定します。
                             有効な種類は
                             Application、System、Security、DNS Server Log
                             および Directory Log です。ワイルド カード "*"
                             が使用できます。既定値は "*" です。

    /EID    ID               イベント トリガが監視する特定のイベント ID
                             を指定します。

    /T      種類             イベント トリガが監視する特定のイベントの種類
                             を指定します。有効な値は
                             "ERROR"、"INFORMATION"、"WARNING"、
                             "SUCCESSAUDIT" および "FAILUREAUDIT" です。

    /SO     ソース           イベント トリガが監視する特定のイベントの
                             ソースを指定します。

    /D      説明             イベント トリガの説明を指定します。
                             

    /TK     タスク名         イベント トリガの条件が一致したときに実行する
                             タスクを指定します。

    /RU     ユーザー名       タスクを実行するユーザー アカウント (ユーザー
                             コンテキスト) を指定します。システム アカウント
                             には、値は "" でなければなりません。

    /RP     パスワード       ユーザーのパスワードを指定します。
                             パスワードの入力を求めるようにするには、
                             値は "*" か空でなければなりません。
                             パスワードはシステム アカウントには影響を
                             及ぼしません。

    /?                       このヘルプまたは使用法を表示します。

例:
    EVENTTRIGGERS /Create /?
    EVENTTRIGGERS /Create /TR "ディスク クリーンアップ" /L SYSTEM /T ERROR
                          /TK c:\windows\system32\cleanmgr.exe
    EVENTTRIGGERS /Create /S system /U user /TR "ディスク領域不足"
                          /EID 4133 /T WARNING
                          /TK \\srv\share\dsk.cmd
    EVENTTRIGGERS /Create /S system /U domain\user /P password
                          /TR "ディスク バックアップ" /EID 4133 /L SYSTEM
                          /T ERROR /TK \\system\share\ntbackup.exe
    EVENTTRIGGERS /Create /RU user /RP password /TR "ディスク バックアップ"
                          /TK \\system\share\ntbackup.exe /EID 4

ページ : 1 2 3
<この記事を全て表示する場合はこちらをクリック>

3 COMMENTS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です