Windows Server 2003 R2でCDブートする@PE Builder

DriveImageでバックアップしようにも、そもそもPE Builderで認識しないデバイスなんかがあったりすると結構面倒なんですよね。対象がサーバマシンだったりするとWindows XP用のドライバの公開すらされてなかったりしてとっても面倒です。

PE BuilderはもともとWindows Server 2003もサポートしているので、その場合にはWindows Server 2003のCDからPE Builderでビルドするんだけど、どうやらWindows Server 2003 R2 評価版からもビルドが出来るみたい。
Windows Server 2003 R2でCDブートすれば例えばDellのRAIDコントローラPERC5とか、Windows Server 2003 R2用のドライバしか公開されていないサーバ用デバイスも認識するようなり、バックアップが出来ます。

一通り試してみたら評価版でもビルド〜起動までちゃんと出来ました。ただExplorer&IE プラグインがWindows Server 2003 R2に対応していないので、現状はこのプラグインを外してビルドしなければエラーで止まってしまいます。

ビルド前に表示される使用許諾契約書をよく読んでくださいね、ご利用は計画的に。

Windows Server 2003 R2 評価版ソフトウェア
このページから”同意します。 評価版ソフトウェアの登録を行います。”を選択し進みます。ダウンロード出来るISOのURLと評価用のプロダクトキーはメールで送られてきます。※登録には.NET Passportが必要です。

※もしくはこのサイトのメニューのGoogle検索から”WS03SP1_RTM_1830-1_E6_JA.iso”を検索してみるとか・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です