MSIのOSチェックを回避する@Orca

2chに”Windows Server 2003をデスクトップOSとして使う”っていうスレッドがあって初めて見たんですけどもさすが2ch、かなりマニアックな情報がわんさかあってかなり勉強になりますね。

そもそも何をやっていたかというとですね、デスクトップ用マザーボードにWindows Server 2003のDriverがインストール出来るかネットで検索していたんです。

Windows Server 2003ってWindows XPのドライバやアプリケーションがほとんど使えるんですが、稀に使えない物もあるんです。例えばアンチウイルスアプリケーションなんかはほとんどWindows XP用に発売されているものはWindows Server 2003には使えません。

exe自体にファイル展開を実行するスイッチでも付いていてくれれば助かるんですが、全てのexeにスイッチが付いているわけでもないですし。

過去にメタフレームを導入した事があったんですが特定アプリケーションでOSの制限によって上手くインストールさせる事が出来ない物があったんです。メタフレーム導入時にはOSチェックによる制限が物凄く響きます。まあ、身を持って体感しました。

ええ、もちろん導入失敗しましたよ・・・ええ、ええ・・・。

Server 2003もWindows XPもおそらく中身的にはほとんど同じようなものだからインストール出来ればたぶん使えるんだけど・・・なんて思ったこともあったんですが、結局分からなかったんですよね。

Orca データベース エディタっていうWindows Installer SDKに含まれているツールがあるんですけど、これを使えばMSIファイルを直接編集する事が出来て、要するにインストール制限の部分を書き変えて実質解除させる事が可能になるわけです。

ただし、覚えておかなければいけないのは、制限がかかっている部分を解除する訳ですからまずメーカーのサポートは受けられなくなりますし、ライセンスの形態によってはライセンス違反になってしまう可能性もあります。そして一番重要なのは制限を解除することによってシステムを破壊してしまう事も考えられます。

ですので取扱いには十分ご注意を。

Orca エディタの使い方

Orcaエディタをインストールして、実行するには、次の手順を実行します。

1.Windows Installer SDKのサンプル、ツール、マニュアルを次のWebページからダウンロードしてインストールします。
http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyId=A55B6B43-E24F-4EA3-A93E-40C0EC4F68E5&displaylang=en

2.\MicrosoftSDK\BinフォルダのOrca.MsiファイルをダブルクリックしてOrcaエディタをインストールします。

3.[スタート]ボタンをクリックし、[プログラム]をポイントし、[Orca]をクリックします。

4.[File]メニューの[Open]をクリックし、編集する.msiファイルを指定します。
→マイクロソフトのKB255905より転載

実際に回避出来るのかは確認してみたいところなんですが、確認出来る環境が今無いのでそろい次第やってみたいと思います。

また、OSなどのチェック回避の構文を作成するのには以下のサイトの情報が活用出来そうです。

起動条件エディタの使い方

うーん、新しいパソコンが欲しくなってきた!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です