LISM(LDAP Identity Synchronization Manager)

LinuxOS用のアプリケーションなんですが、Active DirectoryとIDデータベースを一元管理出来るそうです。
WindowsとLinuxを一元管理する場合には便利そうです。

ただし、僕はLunux全然分かりませんのでそれ以上突っ込めません。

LISMとは?

LISM(LDAP Identity Synchronization Manager)は、LDAP、リレーショナルデータベース、CSVファイルといった様々形式で管理されているID情報を、LDAPインターフェースを通して一元的に管理することができるオープンソースソフトウェアです。

導入事例なんかも見てると結構興味深いんだけど、実際はどうなんでしょうね。

LISM(LDAP Identity Synchronization Manager)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です