Server Coreをアクティベーションする手順

ページ : 1 2
<この記事を全て表示する場合はこちらをクリック>

Windows Server 2008 の Server Core 環境で slui.exe を使用できない
http://support.microsoft.com/kb/952121/ja

回避策に書かれている方法もなかなかすごい方法でした。

Windows Server 2008 がフルインストールされたコンピュータにて slui.exe を使用したコマンドを実行してエラーの詳細を確認します。Microsoft Windows Vista でも確認できます。

しょうがないので、このコマンドを別のWindows Server 2008で調べてみた結果が以下です。

0063

結局のところ、DNS名がありません。というのが0x8007232Bの原因のようです。
この場合、プロダクト キーを変更してアクティベーションを行う必要があります。

プロダクトキーの変更

プロダクトキーを変更する場合には、以下のコマンドを実行します。
コマンド中のXXXXXはプロダクトキーが入る部分です。

slmgr -ipk XXXXX-XXXXX-XXXXX-XXXXX-XXXXX

0091

ライセンス認証の実施

この状態で、再度アクティベーションを実施する事で、アクティベーションが成功します。

slmgr -ato

0102

プロダクトキーの削除

何らかの原因で、プロダクトキーをOS上から削除する場合には、以下のコマンドを実施します。

slmgr -upk

0083

slmgrのヘルプ

以下、slmgrのヘルプです。何かの参考になれば。

0072

それ以外のエラーについて

その他のライセンス認証のエラーについては、以下のサイトを参考にすると良いです。基本的にWindows Vistaとエラーの内容は同じだと思われます。

Windows Vista のライセンス認証の手続きを行うとエラー メッセージ “エラーが発生しました” が表示される
http://support.microsoft.com/kb/931276/ja

ページ : 1 2
<この記事を全て表示する場合はこちらをクリック>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です