ウィルコムのW-VPNが気になる

仕事柄、自宅に居る時でも外出先でも、ほぼ24時間電話がかかってきます。しかも個人携帯に。
WILLCOMのサービスでW-VPNっていうIPセントレックスを利用してPHSで内線を発着信出来るサービスがあって、これに少しひかれています。

初期投資に電話機本体の金額と、あと対応していなければPBXを購入する必要があるんですが、拠点が複数ある会社なんかだと、このシステムはなかなか良いんじゃなかろうかと思っています。PBX本体は本社に設置しておいて、拠点オフィスはPBX無しでPHSだけ支給すれば良いわけですからね。

PBXはなかなか選定が難しくて、パソコンの世界だとかなり標準化されているのですが、PBXの場合には、国によって使い方がだいぶ違います。

例えばドラマ24でジャックバウワーが使っていたのはCisco SystemsのPBXだった気がしますが(パソコンはDELLでしたね。)、本当に使い勝手が違います。
電話機としてはどちらも優秀なのですが、利用者ベースで考えると、日本製のPBXを利用していたのに、いきなり海外のPBXに変更したりすると、みんな使い方が分からなくなってしまう。なんて事も本当あるんです。

W-VPNについては一度営業を通して話を聞いてみたいと思ったので、さっそくアポイントを取ってみました。
自分が想像しているものに近ければ良いなーと思います。

・・・日記になってしまいましたね。

ウィルコム W-VPN
http://www.willcom-inc.com/ja/biz/ad/wvpn/index.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です