Visual Studio Communityのライセンス形態について


Visual Studio Professional相当の機能が無償利用出来るVisual Studio Communityについて。
Professional相当の機能が無償利用出来るのですが、利用制限がいくつかあるので企業で利用する場合には注意しておく必要がありそうです。

Visual Studio 2013 エディション主要比較にはCommunityの利用者について以下の定義が記載されていました。

  • 個人開発者
  • 大学関係者
  • 非営利団体従事者
  • オープン ソース開発者
  • 中堅・中小企業

中堅・中小企業の定義としては、以下の項目が記載されています。

  • PC 台数250台未満かつ年商1億円未満の企業。該当企業は5名まで利用可能。

250台未満という定義はEnterprise Agreementの時にも出てくるデバイス数です。
Microsoftは250台を中堅・中小企業とそれ以上の規模で分類しているようです。

企業で利用する場合、結構な割合でCommunityが利用出来ないケースがありそうです。
あくまでCommunityは利用者を増やす意図であって、Visual Studio Professionalから乗り換えてもらう想定ではないです。という事なのでしょうけども、ライセンスを管理する側からするとややこしい話ではあります。

参考

「Pro相当機能が無料!」と話題になった「Visual Studio Community」の光と“影”
Visual Studio 2013 エディション主要比較

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です