PiFaceSharpを使ってPIFACEのLEDを光らせる


DSCF5963

PiFaceSharpはPIFACE用のC#ライブラリです。
Raspberry PiではMONOをインストールして利用します。

Raspberry Piでの準備

Raspberry PiはOSインストールやNICの設定等の初期設定が一通り完了している前提で書いています。
OSはRaspbianのVersion:January 2014を利用しています。
また、予備知識としてはVisual Studioを用いてアプリケーションをコンパイルする程度の知識は必要になると思います。

PIFACEはSPI(シリアル・ペリフェラル・インタフェース)と呼ばれるデバイスを経由してRaspberry Piと通信のやり取りを行っているそうです。
これがRaspberry Piのデフォルト設定だと無効になっているので、始めに有効にする必要があります。

元の手順はこちらのページの通りですが、おそらくPiFaceSharpを利用する場合はStep1まででいけると思います。
※自分は動作させる際に試行錯誤してしまったのでStep5まで実施してしまいました。手順は上記サイトのStep1までの内容を記載していますが、上手く動作しない場合はStep2以降も試してみてください。
※SPIの有効化はRaspbian OSの初期セットアップ画面のadvancedからも設定できました。こちらから設定を実施したほうが楽です。

MONOのインストール

MONOをインストールします。容量が結構大きいので結構時間がかかります。

sudo apt-get install mono-complete

raspi-blacklist.confの編集 Step1と同等

適当なテキストエディタを利用して編集してください。
CUIに慣れていない場合はWindowsユーザなら、WinSCPを使って編集すると楽に編集する事が出来ると思います。

編集前

# blacklist spi and i2c by default (many users don't need them)

blacklist spi-bcm2708
blacklist i2c-bcm2708

編集後

# blacklist spi and i2c by default (many users don't need them)

#blacklist spi-bcm2708
blacklist i2c-bcm2708

編集後、再起動を行ってください。
その後、以下のコマンドでspiデバイスが認識出来ていれば成功です。

ls -la /dev/spi*

PiFaceSharpは/dev/spidev0.0をデフォルトデバイスとして利用しているようです。

crw-rw---T 1 root spi 153, 0 Jan  1  1970 /dev/spidev0.0
crw-rw---T 1 root spi 153, 1 Jan  1  1970 /dev/spidev0.1

PiFaceSharpを使って動作確認

PiFaceSharpをダウンロードした内容に含まれている「Kingsland.PiFaceSharp.SampleConsole」を使って動作確認を行う事が出来ます。リレーが動作する音が結構大きいので、始めビックリするかもしれません。
PiFaceSharpはVisual Studio 2013を用いてコンパイルしました。

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です