Drive Image XMLでOS領域をバックアップする方法 14


2008.12.21追記
新サイトに”Windows PEでEeePCのバックアップを取得する@DriveImage XML“という関連記事を記載したのでよかったらこちらも参照ください。

OS領域をDrive Image XMLでバックアップするにはPE Builderというアプリケーションが必要です。

Drive Image XML追加方法

まず、
PE Builderでメディアから起動するOSを作成@PE Builder
でメディアから起動するOSを作成出来る状態にしてください。その後、PE Builder用のDrive Image XMLをここからダウンロードし、PE Builderのプラグインディレクトリに保存します。
次に

plugin\driveimage_xml\dixml.inf

を開き、

[WinntDirectories]
a="Programs\dixml",2

[WinntDirectories]
a="@ProfilesDir@\All Users\Start Menu\Programs\dixml",3
b="Programs\dixml",2

に変更します。
これでPE Builderで作成したOSイメージを起動後、Drive Image XMLが使えるようになります。


Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

14 thoughts on “Drive Image XMLでOS領域をバックアップする方法

  • Lam

    アドバイスありがとうございます。
    おかげさまで無事にバックアップを取ることができました。

    教えて頂いたURLからBart’s PE Builderのことを色々調べ、
    怪しいところを片っ端から排除した上で、
    一連のソフトを再DL・インストールしてやり直したらいけました。
    (結局直接の原因はわからずじまいですが…)

  • pnpk Post author

    こんばんは。
    グレーアウトで検索してみたところ以下のサイトに近い状態になるという記載(真ん中らへん)がありましたのでご確認いただけますでしょうか。

    作成手順
    ADDONフォルダに好きなプログラムを追加してください。The current list of programsはスタートメニュー(nu2menu )に反映されます。
    これからいくつかのプログラムを追加します。これをしない場合スタートメニューでグレーアウトします。

    http://members.at.infoseek.co.jp/winpx/v2J.htm

  • Lam

    こんばんは。

    記事を参考に作業を進め、
    isoイメージを作成→CDに焼いてブート
    までは(とりあえず外見上問題なく)できたのですが、

    画面左下のGO→Programsを選んだ先で
    “DriveImage XML”と”Windows Disk Management”の2つが
    グレーアウトの状態で、DriveImageが起動できません。

    色々と足掻いてみましたがどうにも自力解決は無理そうなので、
    もしよろしければご助力願います。

    OSはXP Home SP2です。
    (OEM版で、ビルドする時にアラートが出ました。エラーは出ませんでした。)

    isoイメージをDaemon Toolsでマウントしてみても同じ状態でした。
    isoの中のdixmlフォルダ(E:\Documents and Settings\All Users\Start Menu\Programs\dixml)には
    dixml.exe
    diskmagn.msc
    vssserv.dll
    vssvista.dll
    vssxp.dll
    の5つのファイルがありました。

  • pnpk Post author

    こんばんは。
    コマンドプロンプトが使えるのであればNET USEコマンドでリモート共有に接続してみてください。

    Net use
    http://technet2.microsoft.com/WindowsServer/ja/library/dd619380-bb33-4d3a-b0b5-29c6206000351041.mspx?mfr=true

    また、共有の作成方法は以下を参照してみてください。

    Windows XP でファイル共有を構成する方法
    http://support.microsoft.com/kb/304040/ja

    (例)ディスク ドライブのデバイス名 E: をサーバー \Financial 上の共有ディレクトリ Letters に割り当てるには、次のように入力します。
    net use e: \financialletters

  • 豊洲 志津子

    上手く行きました。ありがとうございました。

    すみませんもうひとつ・・・

    ネットワーク上でつながっている別のPCのバックアップも取りたいのですが可能ですか?
    その際、ドライブはどのように指定すればいいのですか?

  • pnpk Post author

    こんにちは。
    Task schdulerがどの部分なのかちょっと分からないのでその辺は上手く説明出来ません。
    テストでやってみるのであれば1分後のタスクを登録して一度動作するか確認してみてください。
    動かなかった場合は、タスクに登録した実行文字列をコマンドプロンプトで実行してみて動作するか確認してみてください。
    手動実行で動作するにも関わらずタスクに登録した場合に動作しないようであればタスクの実行権限に問題があるかもしれません。

  • 豊洲 志津子

    ありがとうございました。おかげさまで何とかバックアップがとれたようです。

    もう一つだけ教えてください。
    Task schdulerでスケジューリングしたつもりなのですが、dixml.exeアイコンの下に赤いXマークが出てしまいます。これはうまく設定できていないということでしょうか?

  • pnpk Post author

    こんばんは。
    Volume Shadow Copy Service(VSS)というのはWindowsサーバー系のOSで稼働するバックアップ用のサービスです。
    VSSを使うと実ファイルの複製を差分としてDiskに定期的に保存する事が出来ます。実ファイルでは無くあくまで複製なので基本ロックされる事がないわけです。なのでDrive Image XMLはVSSを利用して複製を作ろうとします。

    http://pnpk.net/cms/archives/137

    ここの

    "Hot Imaging Strategy"

    の値がおそらく

    "Try Volume Shadow Services first"

    になっているんだと思います。ですのでこちらが選択されていた場合には選択を変更してください。これでおそらくバックアップできるんじゃないかと思います。

    また、”vssxp.dll”があればもしかするとVSSがWindows XPベースのOSでも利用できる”かも”しれません。少し探したらそれっぽいDLLを見つけたので一応リンク貼っておきます。→vssxp.dll

    ただしこちらは動作確認行っていませんしダウンロードすら行っていないのでこちらは自己責任でお願いしますね。

    参考URL
    可用性を向上させるボリューム・シャドウ・コピー・サービス

  • 豊洲 志津子

    度々すみません。悪戦苦闘しています。

    ファイルは開くことができて、変更もできました。ありがとうございました。
    実際にバックアップをとる際に、以下のWerningが出てきます。どのように解決したらよいですか?このあとデータが壊れるかもしれないけれど、続けますか?とも聞いてきます。バックアップは外付HDDにとるように指定しています。

     Werning

      Could not initialize Windows Volume Shadow Service(VSS)
    Code:Library not found:’vssxp.’
    Make sure VAAVC.EXE is running in your task manager.

     

      

  • pnpk Post author

    コメントありがとうございます。

    まずは拡張子を表示させてみましょう。

    マイコンピュータを開き、

    ツール→フォルダオプション→表示

    から

    ファイルおよびフォルダ→登録されている拡張子は表示しない

    のチェックを外してください。その後

    すべてのフォルダに適用

    をクリックすると拡張子が表示されるようになります。

    “dixml.inf”がどのファイルか判明したら今度はそのファイルをメモ帳で開いてみてください。

    簡単にではありますがメモ帳の使い方は以下のようなサイトをご覧いただければと思います。

    http://asugi23.web.infoseek.co.jp/bigc/big54.htm

  • 豊洲 志津子

    早速にありがとうございます。
    メモ帳にドラッグ&ドロップができません。
    また、拡張子が付いていないので、どのファイルが.infファイルなのかわかりません。(dixmlファイルが4つくらいあります)

    この4つのファイルのどれをダブルクリックしても”宛先を選んで展開してください”のメッセ―ジが出てきます。

    使用OSはXPです。よろしくご指導ください。

  • pnpk Post author

    >豊洲さん
    コメントありがとうございます。

    plugindriveimage_xmldixml.inf

    が開かないという事ですが具体的にはどういった事になりますでしょうか。単純にメモ帳が起動しないという事でしょうか?

    ■メモ帳で開けない場合
    拡張子による関連付けが出来ていない可能性があります。
    ダブルクリックでファイルをメモ帳やテキストエディタで開けない場合には一度メモ帳を起動させてからメモ帳の通常文字を入力する白い部分に対象の”dixml.inf”をドラッグ&ドロップさせてみたください、これで”dixml.inf”が編集出来るはです。

    これ以外の問題で開けない場合にはもう少し詳細を教えてもらえますか?

    ・使っているOSのバージョン
    ・エラーメッセージなどの詳細
     (どんな内容のエラーメッセージが表示される。等)

    その他エラーについて気になっている部分があればそれも教えてもらえると問題の解決の手助けが出来るかも知れません。

    また、この記事自体は一年以上前に書いたものなので最新版で仕様変更などが行われている場合にはこの手順通りに動作させる事が出来ない場合もあると思います。

    以上になります。

    よろしくお願いします。

  • 豊洲 志津子

    Drive Image XML追加方法
    まず、
    PE Builderでメディアから起動するOSを作成@PE Builder
    でメディアから起動するOSを作成出来る状態にしてください。その後、PE Builder用のDrive Image XMLをここからダウンロードし、PE Builderのプラグインディレクトリに保存します。
    次に
    plugin\driveimage_xml\dixml.inf
    を開き、
    [WinntDirectories]
    a=”Programs\dixml”,2

    [WinntDirectories]
    a=”@ProfilesDir@\All Users\Start Menu\Programs\dixml”,3
    b=”Programs\dixml”,2
    に変更します。
    これでPE Builderで作成したOSイメージを起動後、Drive Image XMLが使えるようになります。

    お世話になります。上記の部分がうまくできません。
    plugin\driveimage_xml\dixml.inf が開かないのです。
    もう少し詳しく教えてください。あまり専門的なことはわかりません。初心者にもわかるようにお願いいたします。